城芽ハヤトさん
MR.JOME HAYATO


2013年1月制作
   
  
二度目となる天井画制作ですが、今回は個人ベッドの天井ということで、制作の間別室にお移りいただいている方がベッド周りに飾られているご家族のお写真などにも触発されて、準備した下絵にその場のアレンジを加えました。
親子というテーマをいただいていましたのでお嬢様との母子像に「〜見えなくもない」絵です。お引き渡しの記念にお写真ご一緒させていただいたのですが、ご覧になっての反応を確認できずにおいとましました。気に入ってくださっているとうれしいです。(本人文)




2012年6月制作
      
縁起の良い木とされるナンテンの枝と黄色いリボンを手にもった子供の笑顔が温かく降り注いでいます。



  
制作にあたってのコメント
いなぎ苑の天井画のお話を伺い、即座に手を挙げさせていただいたのですが、はたしてそのかたの人生をしめくくる日々にぼくの絵が添ってくれるだろうかと怖くもなりました。お送りしたサンプルから選んでくださった施設長さんの直感に後押しをされ、結局、自分の身内が見てくれる絵を描くような気持ちで描かせていただきました。
描くことを生業にしてきて、その素直さに立ち戻るのに苦心してしまったみたいです。次回は天井を見上げ続ける首を支える器具を自作して臨みたいです。(本人文)


城芽ハヤト / JOME HAYATO
イラストレーター
武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒。途中、初代ナイスガイ武蔵美に選出。在学中より仕事を始め、卒業以降フリーランスイラストレーター。 80〜90年代には、30本あまりの映画・ドラマにも美術協力で参加。現在は書籍カバー・小説誌などの雑誌挿画・絵本などを主なフィールドとし、人物などをモチーフにこつこつと展開中。 宝塚大学(新宿)のイラストレーションコース非常勤講師。
HomePage